日本の海洋深層水

海洋深層水は、日本でもモチロン取れます。

海流は、壮大なロマンの2000年クラスではないですが、
深海200m以下の海水です。

日本で有名な海洋深層水の産地(?)を紹介しますね。
同じ海洋深層水でも、それぞれに個性があるんですね!

どれも美味しそうですよ…!

【知床沖】北オホーツク海で海水が凍る時に出来たもの。
ミネラルなどの栄養素が凝縮され、比重が重くなった海水です。

【三陸沖】
オホーツク海の低温で塩分濃度の低い海水が南下。

【富山湾】
低温で安定した海洋深層水が採取できます。

【伊豆大島】
海底で伊豆諸島にぶつかった海流が沸きあがる深層水。

【駿河湾】
日本で一番深い駿河湾の海水です。(採取は400mと700m)

【室戸沖】
三陸沖の海洋深層水と黒潮がぶつかって、
鹿児島湾沖で沈下した海水が上昇してきたものです。

【久米島沖】
地球を流れる海流の一部が上がります。
深海1400mで真水の採取がされています。
私、佐渡島に住む友達に
手作りの塩をもらったことがあるのですが、
それは、海洋深層水から作ったものだそうです。(^^)

近くで分けてももらったそうなので、富山湾のかなー?

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved