硬水と軟水の特徴

水の硬度を理解したら、硬水と軟水の特徴も
一緒に覚えておきましょうね。

【硬水の特徴<いいところ>】
・カルシウムやマグネシウム、その他ミネラルを多く含む
・飲むだけでミネラルの補給ができる

【硬水の特徴<悪いところ>】
・マグネシウムが多いと、苦味が強く、飲みにくい
・多すぎるマグネシウムは、胃腸障害を招く恐れがある
・石鹸が泡立ちににくい

【軟水の特徴<いいところ>】
・ミネラルが少ないので、口当たりがソフトで、クリア
・素材の味を損ないにくい
・お茶やコーヒーに適している
・子供や乳幼児の飲み物に安心して使える

【軟水の特徴<悪いところ>】
・ミネラル成分が少ない

いいところ、悪いところだけを見ると、
軟水が優れていて便利なように感じますよね。
軟水は、ミネラルが少なく素直な味で、
素材の味を損なわないため、お料理にむいています。

逆に硬水は、味の特徴になるミネラルが、最大の魅力です。
硬水は水を飲むだけで豊富なミネラルを補給できるので、
運動後や、ダイエットなどにオススメと言えるでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved