水の種類ってなに?

私たちは普段、水道水も、お店出買うぺットボトルの水も
一口に水と言ってしまいますが、
水にも色々な種類があることをご存知でしょうか?

水の種類は、水を出身地で分けるイメージでOKです。

飲み水といっても、その水はどこからとれたものなのか
原材料となっている水で分類することが出来ます。

浅井戸水井戸水、比較的浅い井戸で採取した水。
深井戸水井戸水、深いところからポンプで採取した水。
湧き水地面などから湧き出している地下水。
鉱泉水自噴する地下水。
鉱物質が溶け込んでいて、水温25度未満。
鉱水ポンプなどで採取する地下水。鉱物質が溶け込んでいる水。
温泉水自噴する地下水。
温泉法第2条に規定されている鉱物質が含れ、飲める。
水温25度以上。
伏流水極めて浅い地下水。河川の水が地層の下に浸透した水。

ペットボトルで販売されている水の、
ラベルを見てみてください。
原材料のところに、原材料が書かれています。
何と書かれているか、チェックしてみましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved