水道水の特徴

美味しくないと嫌われ者の水道水ですが、
生活に、なくてはならないものでもありますよね。

蛇口をひねって水が出ることが当たり前すぎて、
そのありがたさは忘れてしまていますが、
水道水がそのまま飲める国は
地球レベルで見ると、僅かな地域なのですよ。

ここで、水道水のいいところ、悪いところを見てみましょう。

<良いところ>
・不純物が取り除かれ、細菌や雑菌の消毒済み
・水道代だけで、安い
・食中毒に対して、安全性が高い

<悪いところ>
・独特の臭いがあり、美味しく感じない
・塩素がビタミンを壊す
・料理の美味しさを損なう
・発がん性物質のトリハロメタンが発生することがある

水道水のメリットは、味をさておいてですが、
蛇口をひねるだけで、殺菌力の高い水が出ることでしょうね。
それを考えると、とても恵まれている環境ですよね。

悪いところは、味に関することが中心ですが、
安全性を高めるためにやむなく…ですね。

もうひとつ気になるのは、トリハロメタンのこと…?!

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved