水道水をマズくする原因とは?

誰もが「都会の水はマズい」と思い込んでいますよね。
否定はできないことなのですが、
固定概念と汚染されているイメージも加わって、
よりマズい気持ちにもなります。

水道水が美味しくないのは、
マズくさせる不純物が多いからなのですが、
特に水の消毒に使う「カルキ」が原因と言えるでしょうね。

カルキは、全国どこの水道水にも使われています。
コップに入る水にも、もちろん、もれなく入ってますよ。

カルキは、石灰に塩素を吸着させたもので、
水に溶かすと、水の中の雑菌を反応して消える
「殺菌の効果」があります。

マズくなるなら、使う量を減らせばいいのに…??

実は、日本の法律で、蛇口の先までカルキの成分が
残っていないといけない決まりになっています。

ですから、水質が良くない都会ほど、
たくさんのカルキを入れざるを得ません。
さらに、水道水は長い長い水道管や、貯水タンクなど、
雑菌が多く溜まりやすい部分を通って家庭に供給されるので
安全のために、大量のカルキが必要となるのです。

その結果、マズい水になってしまうのですね。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved