水って一体なんだろう?

では「水」というものを広辞苑で調べてみましょう。

酸素と水素との化合物。分子式H2O。
純粋のものは、無色、無味無臭で、常温では液体をなす。
1気圧では、セ氏99.974度で沸騰、
セ氏4度で最大の密度となり、セ氏0度で氷結。
動物物体の70〜90%を占め、
生存上欠くことができない。地上表面積の72%を覆う。

このように記されています。
知ってるような、解ってるようなことが書いてあります。
もちろん、毎日使ってますから、
書いてあること、だいたい解りますよね。

広辞苑にあるように、
人のカラダの約60%は水でできています。
そして、空気にも水は含まれています。

水は、わたしたちにとって
「なくては生きることができない物質」です。

水に関する言葉やことわざ、慣用句も、数え切れないほどです。
それだけ、身近で、なくてはならないものと
いうことなのでしょうね。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 水道水を飲んで大丈夫?飲料水ガイド. All rights reserved